ホーム>スタッフブログ>軽量機で最長20m削孔を実現。
スタッフブログ

軽量機で最長20m削孔を実現。

無足場アンカー工法は、軽量機では最長の20m削孔まで可能です。

55kwの大型ロータリーパーカッション機は最長60m迄削孔可能ですが、データでは地層の滑りは約7mまでの地点で

98%発生しており20m削孔であればほぼすべての危険地帯に対応できます。

大型機が搬入不可の現場でも無足場アンカー工法であればより安全により経済的に施工できます。

 

工法/鉄筋挿入工・グランドアンカー工・ロックボルト工

施工範囲/Φ65~115㎜、削孔長20m迄

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.muashiba-anc.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/46

ページ上部へ