ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

グランドアンカー垂直施工用クレーン付き吊り足場

無足場アンカー協会開発のグランドアンカー垂直施工用クレーン付き吊り足場です。

鉄筋挿入工の現場では使用しませんが、急傾斜地でアンカー施工の場合長いより線の挿入時など

ロープ足場では施工が困難な場合があります。

その様な場合にも対処できる様、開発したツールスです。

2013112162729.pdf

グランドアンカー吊り足場.png

 

 

"気づき"醸成セミナー出席

2013年10月30日に鳥取県米子市で行われた知的財産活用・ブランド戦略等に関するセミナーに出席しました。

当社も今後より一層知財活用していこうと考えている中で、古くから知的財産また知的財産権を活用してこられた

方々のお話は非常に興味深く拝聴しました。

今後の事業を行っていく上で役立つお話でしたので今後もこの様な機会がありましたら出席したいと思います。

削孔時の粉塵拡散を防止する!削孔口元粉塵対策器

鉄筋挿入工やグランドアンカー工の施工で現場近くに民家等がある場合、削孔時に発生する粉塵やスライムの拡散が問題になる場合があります。

その様な問題を解決するツールスも開発・制作しています。

設置時の写真です。

20131021121142.JPG

2013年5月号国際グラフ掲載/大仁田厚氏と対談

2013年5月号の国際グラフにて大仁田厚氏との対談が掲載されました。

当工法に非常に興味を持って頂き、良い対談ができました。

多くの方の疑問にも分かりやすく答えている内容になっていますのでぜひご覧下さい。

2013104161024.pdf

2013104161147.JPG

この様な剥落したモルタル斜面に最適なアイビーウォール工法!

写真の様な数箇所だけでも剥落の見られるモルタル斜面は、同時期に施工されているものなのでいつどこで剥落が起きてもおかしくありません。

しかもこの様に公道沿いの現場だと剥落したモルタル片が車両に落下し交通規制または事故なども起こりえます。

その様な状況下では、交通規制が最小で行える無足場アンカー工法でアイビーウォール工法を併用施工することで、片道規制などする事なく、劣化したモルタル斜面を表層保護しさらに6分以上の急傾斜でも

植生し緑化景観を創生することが可能です。

詳しくはアイビーウォール工法の項目をご覧下さい。

モルタル斜面.JPG2013103163859.JPG

画期的な特許ツールス/ロストビット

ロストビット.JPG

無足場アンカー工法の特許ツールスです。

削孔後、先端ビットだけを取り外す構造になっています。

それによりロッドで孔壁を保護しているので、落盤が起きてもJH基準のグラウトかぶり10mmを確保できます。

ロータリーパーカッション式二重管施工と品質は遜色なく、単価は安価で施工できます。※約7割程。

ロータリーパーカッション以外では唯一二重管施工が可能であり、最小経70mmでの二重管施工はロストビットのみ可能です。※90mmもあります。

 

キャッチアーム/カラー変更

キャッチアームのカラーを国土交通省指定のブラウンにしました。

多くの受圧板が採用しているシルバーだと光が反射し景勝地などは特に好ましくないというお話もありますので

いち早く対応しました。

キャッチアーム.png

新技術活用システム等説明会にてプレゼンテーション

2013年9月12日熊本:市民会館祟城大学ホールで行われた【新技術活用システム等説明会】にてプレゼンテーションとブース展示を行いました。

工法とキャッチアーム・アイビーウォールなど新製品の説明をさせて頂き、非常に多くの来場者の方々に興味を持っていただけたと思います。

この様に一度に多くの方々の前で当工法・製品の説明が出来る機会は非常に貴重ですので今後も活用させていただきたく思っております。

 

次回は、2013年11月21日高知市春野文化ホールにてプレゼンテーションを行いますのでお近くの方は是非ご来場ください。

プレゼン風景.png

BLOG はじめました。

平素は当サイトをご愛顧賜り、誠にありがとうございます。
今後とも多くのみなさまにご利用いただけるよう、ブログを更新していきますのでよろしくお願いいたします。

ページ上部へ