ホーム>施工対応性について

施工対応性について

様々な障害を解決できる画期的な特徴

木を残したまま樹間施工

足場不要で移動できるから
木を残したまま樹間施工

経済的に高所施工可能

軽量で吊り搬入可能だから
経済的に高所施工可能

交通規制は最小で可能

クレーンが不要で遠隔操作だから
交通規制は最小で可能

複数台施工で工期短縮

足場強度の心配無いから
複数台施工で工期短縮

上流崩壊を防ぎダム寿命延長

安価で高所施工できるから
上流崩落を防ぎダム寿命延長

急傾斜地・狭小地施工

自走して設置できるから
急傾斜地・狭小地施工

跳ね上げて緊急車両通行

集落への狭い生命線道路でも
跳ね上げて緊急車両進行

高所の転石安定も可能

軽量で吊り搬入可能だから
高所の転石・斜面安定もOK

併用工事も同時施工可能

クレーンの常駐・撤去が無いから
併用工事も同時施工可能

段階的な逆巻き施工解消

高所で削孔長が深く掘れるから
段階的な逆巻き施工解消

道幅・強度調査などクレーン搬入に必要な検討が必要

クレーンが不要で軽量機材だから
道幅・強度調査などクレーン搬入に必要な検討が不要

※上図のような障害を回避した上で、従来の軽量削孔工法では実現できない
削孔安定性の高いロータリーパーカッション削孔機で二重管施工が可能です。

ページ上部へ